電子書籍は素晴らしい読書の形式

電子書籍には面白い特徴があります。

まず現物がありません。
デジタルデータを購入するタイプなので、当然と言えば当然です。

電子書籍はかなり有益な情報が揃っています。

手元に届くのは電子化された書籍のデータとなります。そのため、部屋が散らかりませんし、整理整頓をする必要が無いです。



ワンルームマンションだと書籍を収納するだけでも一苦労です。


大金持ちの豪邸であれば、立派な書斎を構えられますが、普通の人々には無理です。

しかし、電子書籍であれば、バーチャルな書斎が出来ます。
いくら書籍を購入しても、データですのでほぼ無限に保存していけます。
また一度でも購入したものはクラウドサービスに保存されているため、端末から一度データを消しても、再び再ダウンロード出来ます。


しばしばこの点が誤解されており、電子書籍は端末から削除したら、二度と読めないと勘違いされています。

更に手元のスマートフォンやタブレットが壊れた時も同様です。



電子書籍を保存していた端末自体が水没、劣化で壊れてしまっても、過去に購入した作品であれば、新機種でも再ダウンロード出来ます。

紙の書籍のデメリットは壊れてしまったり、水濡れで劣化してしまう事です。
また大事に本棚で保存していても、紙は日光で焼けてしまいます。また独特の匂いが発生したり、カビで本棚全体の書籍が全滅してしまったり、虫が沸いてしまい、悲惨な状態になる程、読書家の人々は保存に苦労しています。


しかし、電子書籍であれば劣化はせず、大量の書籍も完全無欠のまま永久保存が出来ます。